腰痛、これは何が原因で起きているのか、それがわかればそれなりに手当もできます。

仕事で腰に負担をかけた、毎日同じ姿勢でじっとしている時間が長い、などに加えて病気による腰痛もあります。

ただ何となく腰が痛い、特に原因も見当たらないのに痛む、が最も困った腰痛です。

特に寝て起きたら腰痛が毎日、起きている間はそれほど痛まないなどの場合、これはマットレスが原因かもしれません。

マットレスと腰痛の関係は

起きている時にはさして腰痛は感じないのに、朝起きる時に腰が痛むという場合は、寝具に問題があると言ってまず間違いありません。

自分の寝ている時の姿勢や寝方にそぐわない寝具、特にマットレスや布団を使っているのが原因、と見られます。

というのも、人間というのは寝ている間も身体は活動しています。

泥のように眠ってと言いますが、寝ている間も身体は寝返りを打ったり、そこまで行かなくてももぞもぞ動いたり、忙しく活動しているのです。

じっと仰向けになって得ていると、だんだん身体が痛くなってくるものです。

手術など受けて1日くらい、ベッドの上で動けずに仰向けのまま過ごすとわかるのですが。

何もしていないのに身体が痛くなってきます。

まあ、何もしていないから痛くなるのですけれど、不思議なものですね。

腰痛も同じく、しっかりと寝返りを打てない、寝ている間にうまく身体を動かせないなどから起こることがあります。

また寝ている時の背骨のカーブが、特に仰向けの場合に崩れると、腰に負担がかかって腰痛のもとになります。

腰が沈み込みすぎると腰に負担がかかって、腰痛になりやすいのです。

そうならないように身体は寝返りを打って調整してくれるのですが、それもできにくいとなると、朝の腰痛はもう仕方ないとしか言いようがありません。

自分に合ったマットレスを利用することが大切

腰痛の心配なしに寝ることの出来るマットレスや布団というのは、腰が沈む込みすぎない浮き上がりすぎない、寝返りが打ちやすいの3点が選択のメインになります。

これははっきり言って、とにかく自分の体型や体重、寝る時の身体の癖なども加えて探していくしかありません。

誰かが、これは腰痛に非常に効き目があると断言しても、それがその人以外にも同じく効き目があるかは、保証の限りではないのです。

この点をきちんとわきまえて、マットレス選びをしなくては腰痛はひどくなる一方です。

寝て起きた時に腰痛を感じる人だけでなく、常に慢性的な腰痛に悩まされている人の場合も、マットレス選びは慎重にしなくてはいけません。

こちらも参考:「12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷き布団ランキングベスト15」

睡眠がきちんと取れないだけでも身体は疲弊します。

結果、疲れた体に腰痛ということになり、悪循環が出来上がってしまうのです。

特にマットレスが合わずに腰痛を感じる人のマットレス選び

朝起きたら腰が痛む、広間はそうでないという人の場合は、明らかに寝具が合っていないということです。

自分に合った寝具を選んで腰痛回避、軽減したいものですね。

どんな風に選んだら、良い寝具が手に入るでしょうか。

自分を基準に選ぶ

腰痛仲間の情報交換も大事です。

あるマットレスを使用したという人の、経験談も重要です。

しかしあくまでも、自分中心に自分の身体中心に選ぶことが最も大事です。

特に注意したいのは、コマーシャルや広告です。

運動選手などが、これで腰痛が軽減されたというコマーシャルは多いですが、うのみにすることはおすすめできません。

実際非常に良い製品ではあっても、運動選手のあの筋肉と身体に合った製品が、一般の腰痛持ちにも適合するかは謎ですよね。

若くて運動もたくさんするけど腰痛がという人には助けになりますが、そうでない場合には参考程度にするのがよろしいですね。

あくまでも自己中心に、選ぶようにしてください。

とにかく試す

マットレスや敷布団の場合、返金保証のついている製品はあまりありません。

しかし稀に、身体に合わない場合は全金額返金保証という製品もあるのです。

合わなくて返品する場合送料負担になりますが、これを利用すればその製品については合う合わないを実際に眠ってみて確認ができます。

また大手の家具専門店では、交換保証というシステムを取っている所もあります。

これなら充分にお試しができますね。

他には実店舗でのお試しです。

家具専門店やショールーム、展示場では数分のお試しはできます。

実際に眠るところまではできませんが、横になって感覚を見ることはできます。

短い時間でも実際に試してみれば、そして上で寝返りを打ったりしてみれば、それなりに自分に合っているかをチェックできますね。

こうしたお試しが出来るシステムを上手く利用すれば、自分の身体に合ったマットレスに近づけます。

通販での購入の場合、返金とか交換保証がないと実際に寝てみて合うかどうかがわかりません。

とにかく試すことが一番なので、できるだけ機会を見て何度も試してみてください。

まとめ

マットレスが合わなくて腰痛を起こしてしまう場合、せっかくの休息の時間が苦痛の時間になってしまいます。

マットレスを変えれば良いと思っても、どのマットレスにするかまずそこから始めなくてはなりません。

とにかく大事なのは、自分の身体はオンリーワンなので、それに合ったマットレスを見つけるということです。

情報は大事ですが、それに踊らされないように注意することも、自分の感覚を信じることも大事ですよ。