Shakespeare & Company
0

シェイクスピアは難しい?

Shakespeare & Company

Facebookフレンドの高校生にシェイクスピアの詩の解釈を教えいて欲しいを頼まれた。
ネット上にこの詩の解釈が書かれているサイトがあるはずだと軽く引き受けたが、結局見当たらない。

リア王やロミオとジュルエットなら知っているが、”The Seven Ages of Man” などという難しい詩には、55年間の私の人生で縁はなかった。大体、7歳なら”men”ではなく”boy”ではないだろうか?そこから私の疑問が始まった。そして、この詩は何を言いたいのかも私には結局分からなかった。それでも引き受けた以上、時間を掛けて翻訳してみた。結局、人生というのは、綺麗事では語れないということではないか?と友だちに伝えた。

すべての世界が舞台だが、・・・・・・と言われても、私には理解できなかった。きっとリア王やロミオとジュリエットのような悲劇が好きなシェイクスピアだからと。。。。適当に逃げてしまった。。しかし、悲劇とは、娘を殺された母親・父親のようなものであろう?自分の意志とは異なり、そして自分には責任がないことを言うのだろう?
・・・そんなことを考えていたら夜がどんどん更けていった。シェイクスピアとは、人を眠らせないのが得意なのかも知れない。そう私は感じた。

Even in the cannon’s mouth. And then the justice,
In fair round belly with good capon lined,
With eyes severe and beard of formal cut,
Full of wise saws and modern instances;
・・・・・

The Seven Ages of Man

誰か、この詩の解釈を教えて欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です