ニキラウダ
0

ラッシュ/プライドと友情と不毛地帯が見る価値のあったSWのTV

F1ドライバーニキ・ラウダの映画と不毛地帯だけだった

世間でいうシルバーウィークで多くのスカパーで映画やドラマを観ただが、日本のTVドラマでも不毛地帯のようのドラマを作ってくれれば地上波テレビもだがと観るもっと見る気がする。そして、予想に反してラッシュ/プライドというF1ドライバーニキラウダの伝記が良かった。

ニキラウダ

ラッシュ/プライドとは?

伝説のF1王者ニキ・ラウダとライバルであるジェームス・ハントが繰り広げた1976年の歴史に残る死闘を描いた『ラッシュ/プライドと友情』は、ニキ・ラウダとライバルであるジェームス・ハントが繰り広げた1976年の歴史に残る死闘を描いた『ラッシュ/プライドと友情』は、の人間性や哲学、そしてジェームス・ハントの人間らしさが描かれていてとても感動した。

命をかける男の哲学を知ることができたような気がした。幼き私には見かけのかっこよさしか見えなかったけど、内面のかっこよさに今更感動した。

不毛地帯もかっこいいね?

地上波TVではいつも見ていたのだが、スカパーで連続放送をしていたので、録画して観たのが不毛地帯。改めて観ると山崎豊子の偉大さを感じる。

しっかりとした原作と脚本の人本ドラマは少ない。だが、この不毛地帯はビジネスマンでなくても戦争とビジネスに於ける日本人感のようなものを感じた。とにかくこの連休でこの2作だけが観て良かったと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です