0

マニラで書いたブログ

数日間、遅いWIFI環境で暮らした。
改めて、日本お高速回線網のすばらしいさを感じた。

そして、世界的にみれば、Googleが推奨する軽いWEBサイトが如何に必要かということがわかる。もちろん、世界的に通用するサイトを制作する時があればのことだ。

それでもWEBサイトは軽いことにことしたことはない。

私の仕事柄かもしれないが、インターネットを利用しない日がない。インターネット環境のなかでないと暮らせない人間になっている。

もちろん、本などを読むんだが、時間があるとFBを利用してします。考えてみれば、これが私のこれからの向かう方向には、とても無駄な時間なのかもしれない。

しかし、今マニラでこのブログを書いている。さわやかな風を受けプールサイトでものブログを書いていると、とても気持ちがよい。
日本では時間を持てあますのもストレスに感じるのが、情けない自分がそこにいた。ここでは、WifieもiPhoneカメラもFBも不要だ。

本当の幸せとは、神の慈悲のある日々を過ごし、時々愛する家族と、さわやかなかな日々に送ることではないだろうか?
子供をプールに入れる父親を見て見て、そんなことを感じた。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です