ケリー・マクゴニガル 「ストレスを友達にする方法」
0

死亡率を43%も高めるストレスの話。

ストレスは誰でも生じる心の障害なのか?ストレスを回避する方法はないのか?知らず知らずストレスが蓄積していることはないのか?ストレスについて、ここに喜ぶべき科学的な情報がある。

ケリー・マクゴニガルの書籍を何冊か読んだ。そして、京子のYouTubeを紹介するとこにした。それは「ストレスを友達にする方法」だ。

誰にもストレスがある。そのストレスとどう闘うのではなく、どう友達として付き合うか?という話だ。
彼女は小保方さんと同じ科学者だ。その調査結果が実に面白かった。彼女曰くストレスは、風邪に始まりすべての病気に悪影響を及ぼすそうです。
しかし、「ストレスが体に健康に悪いと考えている人の死亡率43%高まる」。また、そう考えてない人の死亡率極めて低いそうです。

金銭問題や家庭問題のストレスで30%死亡率が高まる。そして、人を助ける思いやりの心がストレスからの回復力を助けるそうです。

ここで、私が伝えたいことは、前を向いて人に奉仕をすることは、健康に良いということです。そして、考え方だけで、人間の死亡率は左右される。それは、素敵な人生を送れるのか?そうでないのかに繋がるのではないでしょうか??人生のすべての基本は、考え方思考方向で決まるように私は考える。つまり、コンセプトワーク次第でビジネスも人生も変わるということだ。

人生を100倍素敵に生きる仕事術。
無料メールマガジン「人生を100倍素敵に生きる仕事術」の購読申し込み
週一の予定で配信しております。

日本語サブタイトルが使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です