自己のイノベーション
0

自己のイノベーション方法

変える前にすてることを知るべきイノベーション

イノベーションとは?豆腐屋さんが油揚げを開発したようなもので、だれでもできる。特別アップルやグーグルでなくてもどんな企業でも可能性はある。

自己のイノベーション

問題は、ユーザーの求めるものを提供するではなく、ユーザーがその商品やサービスが出現して、生活が快適になるか?という視点が必要になる。iPhoneのように特別の技術革新もいらない。NTTと日本での電子メーカーくらいの企業なら当然開発出来る商品だと私は考えている。

仕事のやり方も人生も同じような気がする。

大切なのは、自分をどれだけ捨てて、自分の望む道に進めるかではないだろうか?
私のクラントには、「日本一」のセールスマンがいる。それは過去の栄光で、本人は変化を目指していても、そのスタイルを捨てられない。内なる変化は、その人の外見から変えるのではなく、捨てるのである。変える前にすてることが自己のイノベーションの始まるだ。

「人は外見ではなく中身だ!」なんて信じてはいけない!

そんなことをいう人がいるが、内なるイメージは、外的イメージに崩されやすい。つまり、内なる変化を求める前に外見から変えるための自己捨てなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です