会社 経営理念
0

会社はバス、乗客は社員、企業理念やビジョンは行き先。

先日、異業種交流会の勉強会で、企業理念を「どう社員と共有すのるのか?」について討論した。私としては、経営者が勝手に作ったものを「さあー共有」とは無理があり過ぎるのではないと思った。何故ならば、経営者は十分経営理念について学ぶ時間があるのだが、社員は経営理念について何も学んでいないからだ。

会社 経営理念

企業理念とは?会社のコンセプトのようなものだ!

経営理念とは、会社のコンセプトのようなものである。つまり、創業時にあるべきものである。創業時にそれなりのコンセプトは合ったはずだ。それをただ文書化したものが経営理念でである。それを行わないで何時か突然に「経営理念」と社員に叫んでみても誰も耳は貸さないだろう?

会社はバス、乗客は社員、

会社とは、バスのようなもので、バスの行き先を目指して乗車する人が社員であって、行き先のないバスに乗る人は余程の暇人である。もし、バスが途中から行き先を変えたら乗客からは不満が殺到するだろう?無理な運転をしても同様である。よそ見も禁物だ。それでもなかなか目的に付かなかったり、工事中や渋滞に巻き込まれることもあるだろう?

企業とは?バスのようなもので、運転集は経営者である。ガイドは、No.2なのかもしれない。途中で経営理念を作るのら、一度バスはターミナルに行って、乗客の入れ替えをする必要がある。(社員を入れ替えるという意味ではない)「この行き先でいいのでしょうか?」と運転手やガイドは乗客に尋ねる作業も必要になる。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です