コンビニ
0

便利だけどコンビニは悪を撒き散らす!

セブン&アイ・ホールディングスなどの経営は実に素晴らしいと多くの人が語る。コンビニはとても便利であるから、単身赴任の私はかなり愛用している。しかし、そこで売っている商品の殆どが健康を害するものばかりだ。便利を買って寿命を減らすシステムだ。

コンビニ

多くの人は、健康を捨てて便利に走るのだ。私も同様。
タバコを売り・ドーナツを売り・レトルト商品を売り・・・・
自己責任の世界ではなるが、血糖値の高い私へ枠影響を誘発する誘惑商品ばかりだ。

それでも事業がうまく行けばいいのか?

そう考えると中小企業者がこだわりを持って、お客様のために事業を行っているのとはわけが違う。
それで本当にいいのだろうか?
便利であれば・・・ビジネスが成功するればそれでいい。商品を買うのは自己責任だと売る方も思っていることだろう?
そんなことを言ったら黒毛和牛を一所懸命飼育している人も悪になる?だが、私はほとんど黒毛和牛を食べない。
やっぱり、コンビ商法は悪を撒き散らしている。自己責任の負えない人はそれを悪という。
私もそう思うのだが、「空いてて良かった」と思うことは何度もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です