経営者は口を出す
0

経営者は広告に口を出してはいけない!

私はWEBマーケティングを理解し経営者に出会ったことがない

私は、広告やウェブ制作でコンセプたワークの大切にする経営者にあったことがない。また、広告に対してマーケティングを理解している経営者にもあったことがない。経営者が口を出して、良いWEBサイトが出来た試しがない。当然私はできるだけ経営者の意見を無視をする。そして、嫌われる。しかし、一旦成果を得た経営者は、私の話に耳を傾けてくれる。当然こちらはマーケティングは天職なのだ。他の業態の経営者に劣るわけがない。

経営者は口を出す

何故、経営者がダメのか?

しっかりとマーケティングを学んだつもりで口を挟んでくる経営者も時々現れるが、こちらは天職であるから論理でも経営者に劣ることがない。また、同業者や有名企業の真似をしようとする経営者も大きな問題である。その時点で、その広告物やウェブ制作の成功はない。それぞれの環境や規模によりコンセプトワークはお大きく変わる。

成功したウェブサイトのTOPページには20%ぐらいのユーザーしかアクセスしない。そんなTOPページだけに重きをおいて、大切なページのコンテンツには目もくれない経営者がほとんどである。良いコンテンツのページがランディングページになって、ビジネスに結びつくことを説明しても理解できない経営者が多い。

経営者には、ターゲットの絞り込み込んだ広告ができない。
経営者には、ユーザー視点になれない。

経営者の物語は最高のコンテンツ

これまで何らかの成功を収めている経営者には、必ずストーリーがある。人はストーリーが大好きだ!創業時の話や倒産しそうだっと時の話。何故このビジネスを始めたのか?創業者であればあるほど良いコンテンツになる。また、継承者(跡継ぎ)でもどうである。本当は他のビジネスをしたかったのに、オヤジのビジネスをついた。その辺お話も面白い。経営者は、広告やウェブ制作に口を出さずにコンテンツを提供するべきだと私は考える。

ウェブ制作達人のコラム

Tags: