お強み
0

学びより気づき

経営者にとって大切なのは、学ぶことではなく気づくことだ。
他人から教わったことでは、身につかない。
必要なのは、学びをどう自社の経営に活かすかということになる。

お強み

自社の強みを学ぶSWOTとは?

SWOTとは?自社の強みは、経営理念から導かれたものであり、それは、市場性の高いものでなければならない。単に自社の得意なことを言うのではない。それを感知替えしている人たちも多い。企業理念を帰属線ラジュに導かリ、その目的を達成するための手法が導かれる。この流れを理解していないと、企業自体がアンバランスになる。学びとは、知識を膨らませるだけのことで、気づくとは、実行に導くものである。

GO FO IT やるしかない!

ある場合「強み」が非常に自社の経営を曇らせることがある。それは。「過剰な自身」とおなじで、そこばかりフォーカスする。いい商品が売れるのではなく、良い売り方が繁栄する企業を作る。自社の強みばかりアピールしても、本当にユーザーが求めている下異なっていたら意味が無い。
これは、工務店などに行くとよく分からる。自社の優れた施工方法ばかり語っている工務店の社長の話は聴いていられない。私の欲しいものは、そんなものでない。ユーザーの声に耳を傾けない工務店では家を建てたくない。

つまり、Go FOR ITの精神で、気づいたことを常に実行する行動力が必要だということだ。

Tags: